結婚指輪の意味合い

結婚指輪をする意味合いは

結婚指輪をする意味について

最近は結婚をしても指輪をつけない方が増えています。そもそも結婚指輪にはどのような意味があるのでしょうか。まず、リングには永遠や絆という意味合いがあります。そして左手薬指は身体の中で心臓を司る部分とみなされています。つまり、結婚指輪をするということはお互いの心と心をつなぎ、永遠に途切れない絆で結ぶという意味合いがあるのです。そのようなことを踏まえて結婚後に指輪をつけるかどうかお互いで決めるといいでしょう。

結婚指輪の意味について

結婚式で新郎新婦は指輪の交換をします。これは、永遠の愛、変わらない愛、生涯の愛を神様の前で誓い約束するという意味が込められています。この結婚指輪は常に身に着けるもので、実際外すことなく日々つけ続けている人は多いです。離れていても相手を感じ、その責任感、安心感はとても大きいものです。二人で歩む人生というのことが形として表されているのです。また、左手の薬指にはめていることで、既婚者であるというアピールにもなり、浮気防止にもつながります。

↑PAGE TOP