洋スタイルの結婚式

教会式の結婚の魅力とは

教会式の結婚式にふさわしい洋装

教会式の結婚式を挙げることが決まったら、洋装の場合は気をつけたいことがいくつかあります。第一はお肌の露出が過剰にならないことです。教会は神聖な場所ですから、最近流行の肩が全部出ているデザインやノースリーブは避けたいデザインです。どの程度なら大丈夫かは事前に教会に確認することをお勧めします。教会での結婚式は長いバージンロードをゆっくりと歩くのが特徴的なので、ドレスの裾が長いものを選ぶと映えます。式の間もほとんど後姿をお客様に見せていることになるので、後姿を意識したウエディングドレスを選ぶとステキです。

洋婚の人気と魅力について

お姫様のようなドレスを着てお嫁に行くというのは多くの女性の憧れです。誰もが小さな頃から抱いていた夢のはずです。洋婚は、非日常の気分を味わえ、一生に一度の晴れ舞台で女性の希望を叶えられるものです。真っ白なウエディングドレスに身を包み、チャペルでの愛の誓いなど夢のような一日が送れます。また、結婚式に呼ばれた招待客に服装もドレスなどの体に負担にならない衣装で良いのが楽という良さもあります。厳粛な雰囲気というよりも和気あいあいとあたたかな雰囲気の結婚式が作れます。花嫁のウエディングドレス姿の息をのむ美しさや、華やかな会場の雰囲気は洋婚ならではの魅力です。

↑PAGE TOP